菅平高原奥ダボス 唐沢の滝

冬の景色と言えば【凍る滝】と【樹氷】というイメージが自分の中にある。冷え込んだ西高東低の天気図を見据え信州にロケに出向いた。毎年夏にはここに来ていたが厳冬期は約12年ぶりだ。カメラに付く霧状の水滴はあっという間に氷となり、レンズクリーナではうまく取れない。手袋を脱ぐと手がかじかんで正に切れる様だ。滝に行く現地の道はたいした距離ではないのだが踏み固められていないので膝まで埋もれ、アイゼンをしていないので何度も滑る。目の前に現れた風景はそんな苦労を吹き飛ばしてくれた。
写真樹氷:Nikon D610 28mm 1:2.8 ISO 400 1/400 f16  AWB
写真滝:Nikon D619 50mm 1:1.8 ISO100 1/6sec f16 AWB