logo

帷子の辻(嵐電の通る町)の太秦周辺を撮影

天気が悪い中、京都の太秦に行きました。今週は秋雨前線が早くも降りてきましたね。

嵐電を撮影する取り組みは長年写真ファンの皆さんと行ってきました。

歴史ある町には今見直したい習慣やふれあいがあります

今回は出会いに救われました。

 

写真①(B/W)に変換しています。

写真②はオリジナルカラー(C/O)

キネマキッチンの暖簾(写真③)をあえて裏側から正対し撮影モノクロ(BW)が似合います。

写真⑤~⑦は嵐電の帷子の辻から枝分かれする北野白梅町に向かう線で撮影

モノクロ(B/W)もカラー(C/O)

写真①:大魔神の前におかさんが売る格安新鮮野菜

写真②カラー(オリジナル写真(C/O)です右側は今回のサポートスタッフ瀧本峰子さんNikonのプロ会員写真家)

 

写真③写真④ジンジャージュースは¥450

写真⑤ 写真⑥写真⑦

帷子の辻から東に商店街を歩き、嵐電の線路沿いに歩きました。線路沿いの写真も傘が印象的ですね(傘の背景が緑の前で浮き上がりました)

 

  • Share

Leave a reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です