京都で撮影するたびに観光地化する有名な場所より
僕は下町が好きです。

そんな下町のノスタルジー雰囲気の写真はZシリーズ
に搭載のクリエイティブピクチャーコントロールが
ぴったりです。

元来、メーカー独自の色調整はメーカーの
専用ソフトでしか発揮(反映)されないことが
以前はありましたが今は、
Adobe LightroomのCCでも反映されます。

クリエイティブピクチャーコントロール
はRAWで撮る限りは後処理でイメージを
変更もできます。

現場で色のイメージをじっくり考えても後で考えてもOK

ミラーレスの可能性を実感しました。