写真撮影でいつも感じていることがある。
その人らしさって一枚の写真からどのように
現れるのだろうか?

 

写真は数多く撮影した中でも
1枚を使う(例えば会社案内の中でその人の顔写真
を使うのは1枚)
その1枚はどうやって撮り、決まるのか。
自分らしさと人から見られているその人らしさは
違う気がする。

ポートレート写真はカメラマンがどう撮るかで
表情だけではなく、その場の空気までも違いが出る。

モデル(撮られている人)と対面し、コミュニケーション
を声がけの言葉や、声のトーン、打ち合わせからの空気
いろいろな要素ではかることになる。

その人らしさの写真は客観であり、他人が感じるもの
なのだろうなと思う。

人物を撮影する場所はいろいろある。例えばスタジオ
私たちはバック紙をよく使う。24色以上あり、モノや人
の背景にするロールペーパーだ

あとはロケ撮影

ロケ場所を選ぶ事でその人の雰囲気も演出する。

淀川を背景にして次回は人物撮影の話題をいたします。