2019年 11月 の記事

吉野の秋

写真①:ISO400 1/50sec f8 Z35mm 1.8(Nikon Z6)
写真②:ISO400 1/50sec f4 Z35mm 1.8(Nikon Z6)
写真③:ISO800 1/125sec f3.5 Z35mm 1.8(Nikon Z6)
写真④::ISO800 1/60sec f4.5 Z35mm 1.8(Nikon Z6)
写真⑤::ISO800 1/60sec f8 Z35mm 1.8(Nikon Z6)
写真⑥:ISO640 1/30sec f14 Z35mm 1.8(Nikon Z6)

天気が良くないので鮮やかさはありませんがしっとりした場所を選びました。写真①は陽が差さない場合はオススメ出来ません。写真②は金峯山寺黒門付近にある焼き栗。③は金峯山寺の北側の紅葉④は南側の大木後の切り株⑤金峯山南側を降りた下にある宿房。こちらの庭が素敵でした。⑥壁に絡まるツタは魅力ですね。このての壁や窓についつい魅力を感じます。

大阪北新地(曽根崎新地)のイタリアンお料理撮影と秋の風景

北新地のメニュー撮影
今回は強いライトを仕込みました。

 

何度かお話ししましたがm2photoでは撮影のキモ=タイミングよく写す
を大事にしています。

撮影では、人物も風景もお料理もタイミングが大事です。

①時間を掛けない
②事前準備が①を左右する
③何を着地点にするか決めておく

(ジローズジュニアパーティプラン¥5,000飲み放題)
カジュアルイタリアン安すぎますね!

 

①=まさに撮影時間を多くつかわない。シャッターチャンスは一瞬です。

②=ネットや下見、過去の他人の写真を見ることはいつでも出来ます。
事前の下調べ(ロケハン)がものを言います。

③=よく絵葉書のような写真は嫌だと聞きますが、売れない写真は
絵葉書にはなりません。絵葉書は時代でいつも入れ替わっています。
※絵葉書は真面目です。その風景が青空、夜景、新緑、紅葉、雪景色など
理想のものです。そのいい感じのアングルからひねって、雨、きり、月明かりで撮影
などを目指して下さい。

 

話を戻すと、お料理もキモはタイミング

秋の風景でいつも注目するのは
高野山、吉野山、大台ケ原、桜井の談山神社

京都は、鞍馬、北山、かな…

吉野の紅葉はもうすぐですね

 

 

 

 

TOP