伏見稲荷大社、平日にも関わらす、すごい人ででした。

京都伏見稲荷大社神馬 京都伏見稲荷大社伏見稲荷の狛犬

 

伏見稲荷は小さい頃に父親と初詣だっただろうか、何度か連れて行ってもらった。当時の記憶は、スズメの焼き鳥。大人になり伏見稲荷は想像を超え、まさにフォトジェニックな場所だった。全て、1度の撮影で画像を重ねていません。nikon D810 50mm F2.8~5.6 ISO400~3200 WB 曇り adobe Lrで色補正、周辺露光を落としています。詳しくはNikon College の講座で解説します。

EXSPO CITY 観覧車ってすごくいいですね。

大阪のEXSPO CITYの観覧車を撮影しました。
観覧車はフォトジェニックですよね。
写真1は水に映る観覧車。EXSPO CITYの子ども用の
イベントで仮説プールがありましたので、写し込みました
写真2は観覧車の東側に移動してモノレールと
写真3は万博記念公園側に行く歩道のフェンス越しに
写真4は夜景まで待って、観覧車に乗りました!大人1人¥1,000
18分ぐらいだそうですが、値打ちありますね。
他の写真は FaceBookから

EXSPO CITY EXSPO CITY EXSPO CITYEXSPO CITY

御舟、かもめ 貸切で味わう写真の面白さ満載!

お舟 かもめ船 水都大阪 水都大阪 お舟 かもめ船 お舟 かもめ船 水都大阪 お舟 かもめ舟

言うことなし!楽しいですね。御舟かもめを貸切、御舟かもめから写す水都大阪の風景は。次回はナイトクルーズで貸切したいですね。

2016猪名川花火大会 伊丹スカイパークにて撮影

猪名川花火2016 猪名川花火2016 猪名川花火2016 猪名川花火2016
猪名川の花火大会を遠景から狙いました。写真1はモクモクの積乱雲夕日があたり、綺麗ですね。1/125sec F9 50mm 1:1.8 ISO:400 ND4フィルター 写真2、滑走路を挟み花火が上がりだしました。Blub 49sec 135mm F8 ISO:100 PLフィルター  写真3、離陸の飛行機の軌跡を写し込みながら、花火が上がり、少しずつずらして1フレーム内でアナログ的な合成です(シャッターをBlubで開け、黒のシェードでレンズ前を覆い横に少しずらしますが、頃合いはファインダーを見ていませんのでカンです)Blub 52sec 210mm F8 ISO:100 PLフィルター  写真4、画面の下部に5と言う数字が5個見えていますね。5度、レンズ前を覆い移動したってことですね、うまく離陸のタイミングに合って良かったですね。Blub 68sec 250mm F8 ISO:100 PLフィルター  いずれも自作のクロス・ソフトフィルター使用 夜空に自分で描いた花火の軌跡って感じですね。※FaceBookにも写真を載せています。

滋賀県、白髭神社 

白髭神社 こちらの写真は白髭神社の空の部分をゼラチンフィルターFuji LBA8を使い半分アンバーにして後でその空をナチュラルの戻すと水の色がエメラルドグリーンになりました。白髭神社 普通に撮った(ND16使用)写真と白髭神社こちらはさらにフォグフィルターを掛けたもの。色がにじんでいます。まともに撮るのも写真ですが、ちょこっとスパイスを利かすのもいいんじゃないでしょうか。。。Nikon D810 28mm F1:2.8  f22 Aモード  ホワイトバランスは太陽マーク(Day Light)ISO-L1.o ND16白髭神社の夏番外編として、子ども達が湖側の鳥居から道を渡る瞬間を長時間露光で撮影

夏目樹里ちゃんを撮影「日本で一番悪い奴ら」出演、上映公開中

夏目樹里ちゃんを撮影。公開中映画「日本で一番悪い奴ら」に出演中の樹里ちゃん。今回の撮影テーマは「清、素、好」。。。役者さん、モデルさん、歌い手さん、とマルチタレントの樹里ちゃん。そんな中で、素敵な数々の『す』をテーマに表現しました。何気ないあどけなさや素直さが魅力ですね。

夏目樹里 夏目樹里 夏目樹里

芦屋カーニバル花火をテスト撮影


花火を撮影したのは中学生か高校生以来なので、今回写りのコツをつかむためにテスト撮影をしてきました。当時はフィルムだったので、現像するまでドキドキでした。ISO:400 F8でバルブだったと記憶しています。今回はデジタルカメラ。すぐに結果が見れるのがいいですね。ただ、ノイズリダクション処理に撮影時間と同時間かかるので、途中で、長時間ノイズ低減をOFFに設定し直しました。初めは間違え、高感度ノイズの低減をoff に。相変わらず処理に時間がかかるので、少し、焦りました。今回WBは太陽マークで撮影。白色蛍光灯でもいいかもしれません(青系の色になるでしょうね)ISO:100 F11 ND4(2段アンダー)フィルターは24-70mmにつけていたのでこの写真はPLフィルーターで1.5段アンダーになるようにしました。(70-200mm)写真2はピントを外した状態でピントを合わせました。うちわに黒紙を貼って余分な花火や道路を横切る車のライトを露光しないようにしました。片面だけ黒紙を貼りましたが、両面貼るべきですね。自分を扇いでいるうちに、くるくる回転させてしまい、黒い面が入れ替わる事になるので気にせず使うには、両面黒が安心ですね。下見では花火が上がる位置は(高さなど)が分からず下見が重要だと感じました。撮影場所は阪神高速5号湾岸線の深江浜、西行き入り口付近から撮りました。電線が多く、いい場所ではありませんね。今回は露出と色の具合、どの程度露光するかの感触テストですので、写っていました!報告になります。何年かかけて自分が好きなベストボジション探しが必要でしょうね。あっという間に時間が過ぎました。
芦屋カーニバル花火
芦屋カーニバル花火 芦屋カーニバル花火 芦屋カーニバル花火 芦屋カーニバル花火

出版記念パーティーを開催しました。(写真/文  太田未来子)

昨日、グランヴィアホテル大阪 スカイダイニング アブにて

「あなたにもできる!素敵なフレンチのごちそう」の出版記念パーティーを開催しました。

ご来場いただきましたみなさま、おもてなしに至らぬ点があったかと存じますが
お忙しいなか、足をお運びくださいましてありがとうございました。

改めて、感謝申し上げます。

7Y6A1106bcd

あなたにもできる!素敵なフレンチのごちそう 旭屋出版

下記の企画(料理本上梓記念パーティー)をいたします。ご参加希望の場合は、お名前、連絡先(電話番号など)、を【出版記念パーティー参加】とタイトルに記入いただき宮田昌彦までメールください。
0719案内

ニコン フォトカルチャーウィーク クロッシング2016(写真、文 太田未来子)

IMG_20160622_145300

先日開催された、ニコンのフォトセミナー。
弊社代表、宮田昌彦と刀鍛冶の高見國一さんのクロストークでした!

宮田が撮影した高見さんの写真を見ながら
刀が出来上がるまでの工程や、職人を被写体にすることの撮影秘話を聞くことができました。

私の中で一番印象に残っていることは、
「何度も通うと、いつも、同じような写真になってしまうかも」というくだりです。
しかし、宮田は言います。
「いつもと同じかもしれないけど、きっと違う。」
「初めて撮影したときより、落ち着いて情景をとらえ、目の付け所が変わる。」
と。

日々、撮影し続けているからこその言葉だと思います。ストンと私の心の中に入ってきました。

継続はチカラなり!!ですね。

 

TOP