2014年 8月 の記事

池田、箕面市の昨晩2014.8.24のゲリラ豪雨 宮田昌彦

せんこう花火
せんこう花火平成26年8月24日、自宅(池田、箕面市)付近で夕方から夜までゲリラ豪雨に見舞われた。今まで台風や夕立、梅雨など大雨をここ箕面市で経験してきたが、おおよそ1時間ぐらいで降雨量100mmの雨を体験するのは初めてだ。仕事帰りで最寄りの駅に到着して少し待機してみた。止む気配が無く、みるみるうちにホームの雨ドイもあふれだし、屋根があるのにホーム上に雨の筋が何本も出来るぐらいとなる。子ども達ではまたげない幅で通り雨と言いがたい勢いである。3〜40分が経ちだんだん家の窓もきっちり閉まっているのかバイト先のうちの子ども達の状況も不安になる。ここでいるよりは車のある自宅で子どもからの連絡を待つ方がいいと考え、ホーム内にあるコンビニで大きめのビニール傘とゴミ袋45Lを購入。カメラバックにはゴミ袋を被せ、意を決していざ改札の外へ。川のようになった道は靴のくるぶしを隠すほどの水量になっている。細い溝はゴウゴウとうなりながら相当な勢いで溢れている。自宅まで通常6〜7分であるが、その時は倍ほどかかり到着。家の基礎はベタ基礎だがその高さまで後数センチまで水がたまった状態だ。部屋に入るなり、窓をチェック。子ども達とも連絡が取れ、一安心した。立て続けに携帯が警告音とともに避難勧告のメッセージを受ける。TVの文字放送を見ていると、友人から安否を気遣うメールが入る。文字だけのニュースは知らない人に取っては【不安】を倍増させる効果?があるのかもしれない。結局雨は数時間、弱まったり、勢いを増したりを繰り返しだんだんと弱まった。今朝、地域で取り組んでいる恒例のラジオ体操に出向くと消防団に入っている仲間が「昨晩は危険地域、如意谷で午前2時まで土嚢積みをしていた」と。けがもなく、このような方がいるから安全に過ごせたのだと感謝の気持でいっぱいになる。お疲れさまでした。午前6:30〜ラジオ体操きつかったでしょう。。。

広島では被災され、まだまだ復旧が思うように出来ないようで、心よりお見舞いと一日も早い復旧をお祈り申し上げます。

写真(せんこう花火)は本文とは関係ありません。Nikon D800 28mm 1:2.8 f2.8 ISO 1000 WB:デーライト 1/5sec f2.8

 

菅平高原、雨の写真表現に合うシャッタースピードは何? 撮影は宮田昌彦

 

雨の菅平高原
菅平高原の雨

上の写真は1/400sec
下は1/15sec

今年、平成26年度の夏は昨年より集中豪雨が多く、週末ばかり雨。の様な気がします。夏休み、僕は元々母親が池田市に生家があり、関西ですので里帰りの機会がありませんでした。女房も川西市。今の僕の実家は茨木市。共に30〜45km圏内です。子どもが生まれたおりに、お盆、帰省できる憧れを長野県の友人に話すと、「毎年おいでよ、ここが故郷と考えればいい」それに習い約19年菅平(友人の家は穂高)に来ています。子ども達に聞きたい事は、どう?故郷?の感じする?かな。雨もまたよし。深い新緑は魅力ですね。Nikon D800 50mm 1:1.8 ISO400 マニュアル露出。AWB

静岡県西部高等学校写真部連盟さんと伊勢神宮にて撮影 宮田昌彦

伊勢神宮宇治橋 伊是神宮結界の鳥居 五十鈴川 お清め 伊是神宮 伊勢の笑門 伊勢の笑門 伊勢の笑門 伊勢の笑門

Nikon College 大阪での講座を16:30に終えた後、鳥羽の旅館「扇芳閣」さんに向かった。到着は19:15ごろ静岡西武地区の高文連、写真部連盟の選抜学生さん、おおよそ300人に20:30〜60分間講義をしてきた。22:00〜は数10校の写真部顧問の先生方と15人ぐらいで懇親会。翌日の8/8は9:00に宿をでて内宮参拝と撮影会。何人かの学生の方と撮影しながら話が出来た。伊勢神宮を写すのは(仕事で。もちろん外側から)20年ぶりの事だ。昨年式年遷宮があり、第一印象を大事にその印象からテーマを決め、撮影した。【神様のおいでになる場所】【結界の向こう側】そんな印象を受け撮影した。伊勢には年中玄関にしめ縄を飾る習慣があると移動の中でバズガイドさんから聞いた。おうちにも福の神が来るように。そういう事なんだろう。移動も含め濃い2日間だった。2年後又彼らに大阪芸大のキャンパスで会いたいと思った。何人かは来てくれるだろうか。。。Nikon D800 14-24mm 1:2.8  /  50mm 1:1.8 マニュアル露出 AWB  ISO400~650 f2.8~11

母校の入学案内撮影 宮田昌彦

hachi

 

高校生の時、写真部だった。小学生の時はPENTAX SLという露出計のないマニュアルカメラを使っていた。フレームに(画面)に何を入れるかが重要とその時から考え方は変わらない。先日、大学の通信教育のパンフレット撮影を友人が請け負って僕も手伝った。そういえばいつから僕は写真と向き合いどういう考えで写すのか考えてみた。絞りやシャッタースピードでは表現できない事。フレームをどうするか。(何をどこに配置し写すのか)では、なぜ?。。。それはコンセプトによるものなのだ。※写真は本文と関係ありません。iPhoneで蜂の巣を撮影。フルオート、PS でBW変換

夏の講座を下見

Nikon College の講師をしてもう5〜6年になる。最初はいろいろなロケ地がいいのじゃないかと、毎回かえていた。写真は上達すると、同じ場所でもアプローチが変わる。そういう事を、伝えないと、すぐ飽きてしまうかもしれない。写真は、一生の趣味でいるには、自分の成長(考え方の)が必要だ。

radio

写真は本文とは関係ありません。毎年主宰するラジオ体操の風景です。西南おじやの会とは私が主宰する、市民ボランティア団体です。iPhone

TOP