2014年 4月 の記事

二十四節気

DSC_4024
京都には多くの魅力がある
僕は、そんな魅力を写真で表現したい

Nikon D800 24~79mm1:2.8
下鴨神社にて

 

 

春の香り いちご狩りは6月まで開催

DSC_1263 DSC_7051 DSC_7076

桜がそろそろ、町中では終わる頃。里山の風景は薄い緑に覆われる。
大阪から国道176号線を北に行く。川西の一庫(ひとくら)ダム
をめざし、おおよそ1時間程度でそんな里山の緑に出会う
【いなか】道となる。ここはもう能勢町。
小さな看板を目印に進むといちごの大きな絵の付いたハウスを見つける。

僕の小さい頃は路地に畝をつくる栽培方法だった。
アリやナメクジが熟れたいちごをかじった後をよく見かけた。

最近は、腰高に浮かしての、ビニールハウス栽培が主流だ。

12月のオープンから1つの株から何度も蔓が伸びる。
その蔓に5〜10個の実がなる。最初に開花する花に付く実
が一番大きく育つらしい。真っ赤な色が目に鮮やかないちご。

品種は奇麗な三角形の「紅ほっぺ」と完熟になれば細長い形になる「あき姫」。
「紅ほっぺ」は少量栽培されていて、味はさわやかな甘み。
紫に近いまるでラズベリー色の粒には手を出してはいけない。
試しに口に入れると。。。甘さも酸味もない味。
色で判断するのではなく、粒の膨らむ様子で完熟度を見極める。
やはり、初体験の僕には、甘いのを見つけるのは少々難しい。
知ってか知らずか係の方が甘い粒を教えてくれた。

自分で摘む楽しみもちょっと甘酸っぱい香りも。
衛生的で広々したビニールハウスも含め、
素敵ないちご狩り(撮影)だった。

開催時期は12月〜6月 10:00~15:00 30分で大人は¥1,600の食べ放題。
場所は、大阪府能勢町の【いちご縁(えん)中川】http://www.nakgw.com/

今回お邪魔したハウスは長谷。曜日により天王ハウスでの営業もある。
量り売りのお持ち帰りもある。

また、長谷ハウスの周りには素晴らしい棚田の風景が広がる。
棚田百選に選ばれたそうだ。田に水が張られる6月中頃、もう一度
来ようと思う。

 

Bar Open Door B2 はいいね〜

DSC_6209
春のスパークリング。。。
第一ビルの地下2回 OpenDoor B2

伏見、藤森は昭和だな〜(文、写真:宮田昌彦)

DSC_1146 DSC_1157 DSC_1160 DSC_1165

藤森神社

に行きました。昭和の香りがする、京都伏見を
堪能。

泉湯。。。カメラを向けたら、中も今ならお客がいないから
写真撮れるよと、いいね〜この景色。泉湯があまりにも気持ちいいから
天女が羽衣を忘れて帰る絵がタイルで表現。
素敵な体験でした。今度は桶持参だな

 

旨いものは足で探す【その1】(京都烏丸編)宮田昌彦

DSC_6314DSC_6304DSC_6305

トラットリア ラ パーチェ
でランチをいただきました。
パスタランチA,は¥1,350でスープ、前菜、お好みのパスタ、コーヒー
満足のイタリアンでした。場所は烏丸四条通の野村証券角から北に数十メートル
錦市場を通過して直ぐです。ブルーのゴブレットが印象的でした。

 

TOP