紅葉の色付き具合を見に京都に出かけました。
まだ、早いのは判っていますが、11/8に講座が
あり、少々情報収集のために出かけました。

上手に風景写真を撮るのには「朝一番」がいいと言われます。

NikonD800  ISO 400 AWB マニュアル露出 1/60sec f3.5
AF-S Nikkor  70-200mm F 1/2.8 G ED VRII

今回は京都駅から近く、最寄りの駅からの徒歩のアクセスも良い
東福寺を選びました。

NikonD800  ISO 400 AWB マニュアル露出 1/320sec f3.2
AF-S Nikkor  70-200mm F 1/2.8 G ED VRII
※雨の後でカエデが光ります。

 

早朝は車も人も少なく、まして平日ならば
尚更です。今の時期は緑が残るカエデと色づき始めたものが
混在し、カラフルなグラデーションが楽しめます。

 

NikonD800  ISO 400 AWB マニュアル露出 1/500sec f4
AF-S Nikkor  70-200mm F 1/2.8 G ED VRII
※紅葉し始めは緑、黄色、赤といろいろなグラデーションの
絵巻もののような風景に出会えます 。お寺の瓦が入ると重みが増しますね。

上手な風景写真にするため、お出かけ時期のもう一つのポイントは
「雨の後」ですね。

ご覧の様に、写真の彩度もあがらず
しっとり京都らしい、色調に仕上がりますね。