カテゴリー : 太田未来子

川島小鳥さん 写真展 (写真 文 太田未来子)

IMG_20170327_150621
人気の写真家、川島小鳥氏が大阪にあるNU茶屋町のフェア広告を撮影。
コラボの集大成として、館内各所で写真展を開催中です。

川島小鳥さんといえば、「未来ちゃん」という2011年に発表された写真集が有名です。
この子は、平成の子供なのか?!とつっこみたくなるぐらい、昔の雰囲気が切り取られている写真なんです。
その川島さんが、撮影した広告写真ってどんなんかな、という興味があり、写真展に足を運びました。

展示方法は、いまどきで、インスタレーション的な見せ方。
カジュアルに撮影されたモデル写真が、そこかしこに展示されています。
じっくりと味わって鑑賞する、というよりかは、その場の空気を楽しむ感じです!

3月31日まで。

 

秋。(写真、文 太田未来子)

aa38

こんにちは!
久しぶりの投稿です。
10月も半ばが過ぎ、秋が深まってきました。
毎日過ごしやすい気候で
撮影には、バッチリですね!

われわれ、カメラマンは体を動かしてナンボの仕事。

撮影のときもそうですが
準備や片付けの時も目一杯、集中しているから
現場では
暑くてたまらないのです。

汗をかきかき、撮影しても
さりげなくハンカチで顔の汗をぬぐい、涼しい顔のフリをしとりますが
じつは、背中は、べっとべとです。。

今月に入り、そんなこともなくなりました。
夏が終わったんだなぁとしみじみ感じています。

 

写真は、とあるマンションの長〜いダクト。

 

出版記念パーティーを開催しました。(写真/文  太田未来子)

昨日、グランヴィアホテル大阪 スカイダイニング アブにて

「あなたにもできる!素敵なフレンチのごちそう」の出版記念パーティーを開催しました。

ご来場いただきましたみなさま、おもてなしに至らぬ点があったかと存じますが
お忙しいなか、足をお運びくださいましてありがとうございました。

改めて、感謝申し上げます。

7Y6A1106bcd

ニコン フォトカルチャーウィーク クロッシング2016(写真、文 太田未来子)

IMG_20160622_145300

先日開催された、ニコンのフォトセミナー。
弊社代表、宮田昌彦と刀鍛冶の高見國一さんのクロストークでした!

宮田が撮影した高見さんの写真を見ながら
刀が出来上がるまでの工程や、職人を被写体にすることの撮影秘話を聞くことができました。

私の中で一番印象に残っていることは、
「何度も通うと、いつも、同じような写真になってしまうかも」というくだりです。
しかし、宮田は言います。
「いつもと同じかもしれないけど、きっと違う。」
「初めて撮影したときより、落ち着いて情景をとらえ、目の付け所が変わる。」
と。

日々、撮影し続けているからこその言葉だと思います。ストンと私の心の中に入ってきました。

継続はチカラなり!!ですね。

 

引き抜かれたタンポポ(写真、文 太田未来子)

kyoto-2309

ツツジとサツキの違い、いまだ区別がつかない太田です(汗)

梅雨にはいり、そろそろ、花盛りも終盤ですね。
先日、京都の町を歩いていたら
植え込みのそばには、引き抜かれたタンポポが放置されていました。
子どものイタズラでしょうか。
タンポポが標本みたく、平面的なのが面白いと思いシャッターをきりました。

いつの間にか、春。(写真/文 太田未来子)

aa33

久しぶりの投稿です。近況をお知らせします。

3月にはいり
ムズムズと鼻が警告を鳴らし、毎度まいどの花粉症の症状に悩まされています。

体調が万全でなかったせいなのか、予防接種を受けていたのだけど
インフルエンザになってしまいました。
石けんでの手洗い、うがいは習慣にしているし、どこでウイルスに感染したのか。。
通勤電車かな。。

仕事先に迷惑をかけないよう、代わりのカメラマンを手配して
数日間、お休みを頂きました。

今は完治して元気いっぱい!
幸いにも、職場関係の方や家族にうつることなかったので
ホッと胸をなでおろしています。

慌ただしい時期が過ぎ、いま
やっと、春がきたんだなぁとしみじみ感じています。

太田未来子

宮田昌彦写真展に行きました(写真、文 太田未来子)

gion056 gion057

gion058

 

先日の日曜、家族みんなで宮田昌彦写真展を見に「ぎをんさかい」へ行きました!

阪急河原町から東へ数分。

てくてく歩いて、花見小路に着くと

秋の京都ということで、たくさんの人で賑わっていました。

「ぎをんさかい」は、京都の銘菓、八ツ橋で有名な、おたべが経営する洋菓子店。

町家風の店構えで、かなり高級な雰囲気。。

入るのに、少し勇気がいりましたが

いったん、店の中にはいると、その洗練された空間にときめきました。
手前にあるケーキのショーケースの奥に、ギャラリースペースがあります。

写真を見たあとは、もちろん、ケーキを買って帰りましたよ!!
写真展会場にて、先日、宮田が上梓した「刻字書の世界」写真集も閲覧することができます。
京都にお越しの際は、ぜひ、お立ち寄りください!

http://www.gion-sakai.com/

対比のおもしろさ(写真、文 太田未来子)

141018parabora-9073

久しぶりの投稿です。

ボスの宮田は、このブログの更新を定期的に行っていますが

私自身はなかなか、、という言い訳からはじまり失礼しつれい。

ブログの更新はのんびりですが、日々の仕事に精を出しております。

はい、太田は元気にやっています!

さて、

上の写真をよく見てください。

パラボラアンテナの巨大なプランターに植物が育っている?!

不思議な取り合わせにおどろき、ファインダーをのぞくと

背景には、ぴっちりと並んだ洗濯物。

アクリル絵の具をボトっと落としたような青空。

なんとも、魅力ある被写体と出会い、ホクホクの気持ちになった1日でした。

 

雨の多い夏。(写真、文 太田未来子)

C79A7026

今日から9月ですね。
今年の夏は、雨が多く、スカっと晴れた日は少ないようです。
これから残暑が続くでしょうから、ねがわくば青空の下で思いっきりカラダを動かしたいなぁと思っています!

日焼けをしたくないから、紫外線は気になるところですが
子どもが生まれて、少し考えが変わりました。

元気な子どもと一緒に公園で遊ぶとなると、どうしても、太陽の光にあたってしまう。。
2歳になった息子は、あちこち、動きまわるので危険な時もあるから
親はのんびり日陰で見守る、というわけにもいかず、なかなか楽できないなぁと。
はじめのころは渋々でしたが、子どもと一緒に遊んでいると
自分の幼い日のことを思い出して、案外、楽しいものと気づいたのです。

ブランコで、思いっきり立ちこぎしたり、鉄棒で逆上がりに挑戦したり。
休みの日は、童心にかえって、カラダをうごかしリフレッシュしています!

写真は、夏のはじまりに出会った、雨の日のかえるさん。

 

 

 

400ミリF2.8の超望遠レンズ(太田未来子)

7617

キヤノンの超望遠レンズを使って、子どもを撮影しました。
明るいレンズだけに、ピントが合わせやすいのですが
動く子どもを撮るのは、大変でした。。。
なんせ、離れて撮影しているので
子どもが私のほうへ近寄ってしまうのです。

シャボン玉の小道具のおかげで、少し、足をとめてくれた瞬間がシャッターチャンスとなりました!
太田未来子

 

TOP